Odapedia

タグ:小田急2600形

現役を引退した車両を多く保存している小田急。留置スペースを確保するために一部の車両が解体されましたが、現在も多くの車両が保存されています。近年は行われなくなりましたが、以前はファミリー鉄道展で保存車両を展示するため、喜多見検車区から海老名まで運ばれる機会 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年のデビューから1983年まで、他形式との併結運転を行わなかった小田急2600形。併結運転が1983年に解禁されてからは、多くの形式と併結して走る姿を見ることができるようになり、一気に活躍の場が広がりました。そんな2600形ですが、登場して間もない1966年に、2200系列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

輸送力を増強しつつ経済性を重視した車両として、1964年に運行を開始した小田急2600形。2400形に続いてMT同数の構成としながら、起動加速度を2.8km/h/sとしました。しかし、実際には粘着限界に近い設定だったことから、通常時は問題ないものの、悪天候等で粘着条件が悪くなる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から延伸についての議論が行われ、先日採算性等に関する報告書が公開されたことで、以前より延伸が現実味を帯びてきた小田急の多摩線。報告書の内容については、既に多くの記事が書かれていますので、Odapediaらしく一つのことを今回は掘り下げてみようと思います。多摩線 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は主に暖色系の配色が採用され、形式ごとに異なっている小田急の車内配色。8000形の一部で暖色系の配色を採用して以降、昔のような極端な寒色系は採用されなくなりました。昔の小田急に目を向けると、床や壁は緑、座席は青というのが定番の配色でした。扉はステンレスの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

晩年に一部編成の8両固定編成化が行われ、VVVFインバーター制御に改造される編成まであった小田急2600形。中間に入る先頭車をなくし、少しでも客室スペースを広くすることで、不足する輸送力を何とか補おうとしていた時代です。先日布団に入った後のことですが、2600形の置き ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマンスカーを除き、20m級の大型車に統一されている小田急。全車が4扉となっており、統一されていることによるメリットはとても大きいものです。しかし、他の多くの私鉄がそうであったように、最初から大型車を走らせていたわけではなく、増え続ける輸送人員をさばくために ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のLSEの引退や、8000形の廃車開始によって騒がしくなりつつある小田急の車両動向。最近は長く使われることが多い小田急の車両ですが、比較的短命となった形式もあり、今回は過去の車両を中心に見てみたいと思います。組み替えによる廃車や、事故廃車を含めると基準が曖 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急多摩線らしい風景を撮ることができる撮影地です。短い高架区間で、勾配を下ってくる車両を駅から手軽に撮ることが可能となっています。緩やかな曲線区間なので、編成の後ろのほうは写りません。順光時間帯:午前中焦点距離:200mm程度ホームの先端で撮影するため、安全 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ島線の開業と同時に、1929年に開業した小田急の大和駅。開業時の駅名は西大和でした。小田急と相鉄の駅は元々少し離れていましたが、1944年に相鉄の駅が小田急との交差位置に移動し、乗り換え駅となりました。この時に小田急の駅名は大和に変更されています。現在は小田 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ