Odapedia

タグ:小田急2600形

複々線化によって地下化され、昔の面影が一切なくなってしまった小田急の世田谷代田駅。以前は昭和の雰囲気をかなり残した駅で、地下化後は急行線に仮ホームを設置する等、色々と話題の多い駅です。世田谷代田は1927年の小田急線の開業と同時に設置された駅で、当時は世田ヶ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

経済性を重視し、6両でのMTを同数とした小田急2600形。しかし、粘着限界に近い性能だったことが災いし、乗務員は引退のその日まで空転に悩まされる車両でした。元々は3M2Tの5両で登場した2600形は、3両の電動車に2台の制御器を持ち、両端の電動車それぞれから、中間に位置す ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

自社で発注した通勤型車両としては、初めての大型車となった小田急2600形。同時に拡幅車体を採用し、車体幅も最大化したことで、当時の私鉄車両としてはかなり大きな車両となりました。このように車体の大きさが注目される2600形ですが、他にも小田急では初めて本格的に採用 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役を引退した車両を多く保存している小田急。2021年には海老名にロマンスカーミュージアムがオープンし、ロマンスカーを中心として気軽に保存車両を見ることができるようになります。ロマンスカーミュージアムには、SEからRSEまでのロマンスカーと、開業時に製造された1形 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年に登場し、小田急としては最初の本格的な大型車となった2600形。その後の小田急は一気に大型車が主力となり、年々輸送力を増強していきました。最後の中型車である2400形が形式消滅した後、小田急では長い間編成単位での通勤型車両の廃車はなく、2600形は2000年が近付 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役を引退した車両を多く保存している小田急。留置スペースを確保するために一部の車両が解体されましたが、現在も多くの車両が保存されています。近年は行われなくなりましたが、以前はファミリー鉄道展で保存車両を展示するため、喜多見検車区から海老名まで運ばれる機会 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年のデビューから1983年まで、他形式との併結運転を行わなかった小田急2600形。併結運転が1983年に解禁されてからは、多くの形式と併結して走る姿を見ることができるようになり、一気に活躍の場が広がりました。そんな2600形ですが、登場して間もない1966年に、2200系列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

輸送力を増強しつつ経済性を重視した車両として、1964年に運行を開始した小田急2600形。2400形に続いてMT同数の構成としながら、起動加速度を2.8km/h/sとしました。しかし、実際には粘着限界に近い設定だったことから、通常時は問題ないものの、悪天候等で粘着条件が悪くなる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から延伸についての議論が行われ、先日採算性等に関する報告書が公開されたことで、以前より延伸が現実味を帯びてきた小田急の多摩線。報告書の内容については、既に多くの記事が書かれていますので、Odapediaらしく一つのことを今回は掘り下げてみようと思います。多摩線 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は主に暖色系の配色が採用され、形式ごとに異なっている小田急の車内配色。8000形の一部で暖色系の配色を採用して以降、昔のような極端な寒色系は採用されなくなりました。昔の小田急に目を向けると、床や壁は緑、座席は青というのが定番の配色でした。扉はステンレスの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ