Odapedia

タグ:小田急3000形

小田急ロマンスカーの基礎を築き、日本の鉄道史にも残る名車となった3000形(SE)。それまでの車両とは全く異なるコンセプトで設計され、格下げを考慮しない特急専用車として登場しました。しかし、実際には当初の想定どおりとはならなかった部分が多く、波瀾万丈の物語を展 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急といえばロマンスカーというぐらい、現在はブランドイメージが定着していますが、その基礎となった車両といえば、1957年に登場した3000形(SE)でしょう。初代のロマンスカーのように思われる3000形ですが、実際にはそれ以前にも3形式のロマンスカーが登場しています。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バーミリオンオレンジを基調として、グレーやホワイトの帯を加えてまとめられていた小田急ロマンスカーの旧塗装。3000形から7000形まで採用されたこのデザインは、最新型の70000形でも帯として残されています。似たようなデザインでまとめられていた3形式でしたが、細かい部 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前面展望席や連接構造のイメージが強い小田急ロマンスカー。近年はそういった特徴が少なくなりつつありますが、前面展望席等の一部は現在も受け継がれています。ミュージックホーンとして使われるようになった、補助警報もその一つです。現在は出発時や到着時に鳴らすものと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急ロマンスカーの基礎を築き上げ、名車として語り継がれている3000形(SE)。高速運転を志向したこの車両の登場は、後々の新幹線の登場にも繋がっていきました。SEには補助警報が搭載されており、高速運転時の踏切事故等を防止するため、走行中に鳴らすことで列車の接近 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急としては初めての高性能車として、1954年に2200形が登場しました。2200形の登場以降、一部の例外を除いて小田急ではカルダン駆動方式が採用されており、1988年に4000形の吊り掛け駆動車が営業運転から外れたことによって、全車が高性能車となりました。今回は、カルダ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年に定期運用を終了し、2000年までにゆめ70を含む全ての編成が廃車となった小田急のNSE。2021年4月のオープンが予定されているロマンスカーミュージアムには、保存されている3両が展示される予定となっています。保存車を深夜に輸送する際は大盛況となったNSEですが、引 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。今年も頑張って毎日更新を続けていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。2021年最初の記事は、今年の小田急にはどのような変化がありそうなのか、現時点で予想できることをまとめたいと思います。新型コロナウイルスの感染 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年3月13日のダイヤ改正に合わせて、車内販売が終了することを発表した小田急。近年は車内販売を終了する動きが各社で相次いでいますが、残念ながら小田急も同じ道を歩むこととなりました。車内販売の終了によって、今後小田急ロマンスカーの価値はどう変わっていくのでし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年春のオープンが予定されている、小田急のロマンスカーミュージアム。11月30日のニュースリリースで、4月中旬のオープンが予定されていることや、コンテンツの概要が発表されました。今回は、ロマンスカーミュージアムの目玉コンテンツとなる展示車両について、1形式ず ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ