Odapedia

タグ:小田急3000形(2代目)

合計で346両が製造され、2022年度からはリニューアルが開始された小田急の3000形。製造段階と改造により様々な差異が生まれ、バリエーションが豊富な形式となっています。10両化が行われたことで、3000形の8両は8本だけの少数派となりましたが、その中の3651Fに動きがあり、L ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤や通学用の車両からロマンスカーまで、多種多様な形式が活躍する小田急線。近年は見た目のバリエーションが豊富となりましたが、多くの車両に共通することとして、走行音が静かであるという点があげられます。新しい車両ほど低騒音化が進んでおり、それは小田急に限った ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

6両の編成が多く増備されつつも、初期には仕様変更が繰り返された小田急3000形。最初に登場した12編成は、その後に増備される車両との相違点が多くあり、初期車として分類されています。初期車ならではの特徴はいくつかありますが、その中でも足回りの機器配置は独特なものと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の車両とは設計方針を大きく変更し、2002年に営業運転を開始した小田急3000形。小田急3000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。3253Fの概要3編成目の3000形として、3253Fは2002年早々に登場しました。2600形を置き換えるために6両編成となっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの車両がステンレス車体となり、5000形の増備によって世代交代が進んでいる小田急の通勤型車両。形式や増備された時期によって装備品は異なりますが、近年の車両はドアを閉めた際に、最初から完全には閉まらないようになっています。小田急ではこのタイプのドアが多 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の車両とは設計方針を大きく変更し、2002年に営業運転を開始した小田急3000形。小田急3000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。3256Fの概要それまでの編成とは大きく姿を変えた3255Fに続き、6編成目の3000形として3256Fは登場しました。引き ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

地平を走る鉄道路線にとって、道路との交差をするための踏切は欠かすことができない存在です。小田急においては、立体化の進展により減少が続いてはいるものの、現在も多くの踏切が残っています。小田原線と江ノ島線には踏切が点在していますが、その中に渡ることができない ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の車両とは設計方針を大きく変更し、2002年に営業運転を開始した小田急3000形。小田急3000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。3260Fの概要3000形の2次車として、3260Fは2003年度早々に登場しました。2600形の置き換え用として引き続き6両編 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木上原から登戸までが完全な複々線となり、ラッシュ時の所要時間が短縮された小田急線。昔は朝のラッシュ時を中心にかなりの時間を要していましたが、複々線の完成により混雑した列車に乗る時間は短くなりました。先行して一部が完成していた代々木上原付近を除けば、小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の車両とは設計方針を大きく変更し、2002年に営業運転を開始した小田急3000形。小田急3000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。3258Fの概要側扉を通常の幅に戻し、標準的な車体に改めた2次車として3258Fは登場しました。2次車には前期型と後 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ