Odapedia

タグ:小田急3000形(2代目)

小田急で最大の勢力を誇り、全線でその姿を見ることができる3000形。両数が多いことや、編成の組み替えが行われたことで、バリエーションが豊富な形式です。その3000形の中で、比較的少数派となっているのが、3251Fから3262Fまでの12編成で、1次車と2次車が該当します。1次車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

各駅停車から快速急行まで、多くの列車が10両で走るようになった小田急線。4両の列車はほぼなくなりましたが、小田原線の末端区間や支線には、6両の列車が多く走っています。小田急の場合、6両単独での走行は主に各駅停車です。2両の増結用編成が小田急には存在しないため、6 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形が通勤型車両としては久々に拡幅車体を採用し、裾を絞った車体の形状が復活した小田急。車体幅が2,900mmとなった車両の車内は、実際に乗ってみるとかなり広く感じます。通勤型車両は拡幅車体というイメージが定着していた小田急に、垂直車体の3000形が登場した際には、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

立派な複々線が完成し、大幅な輸送力増強を達成した小田急。代々木上原付近を別とした場合、最初に複々線が完成したのは喜多見から和泉多摩川の区間でした。小田急で初めて本格的な複々線となったこの区間ですが、同時に高架化が行われたこともあり、昔からの景色は全て失わ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年に営業運転を開始し、小田急最大の勢力となった3000形。数が多いという事情はありますが、製造時期や編成によって差異が多い形式です。大きな差異としては、1次車、2次車、3次車以降という違いがありますが、3次車以降の編成も細かい差異が多く存在します。その中で目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

それまでの小田急の通勤型車両から大きく変化し、2002年に営業運転を開始した3000形。初期車として6両が12本登場した後、マイナーチェンジを行った3次車が登場しました。その3次車の中に、側面の床下全体にカバーを装着し、防音性を高めるための試験を行った3263Fがあります ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩線の開業に合わせ、1974年6月1日に開業した小田急の新百合ヶ丘駅。開業当初は周辺に何もない駅でしたが、現在はかなり発展し、利用者数も増加しました。その新百合ヶ丘ですが、設置された理由には、多摩線の開業と密接な関係があります。多摩ニュータウンと都心を結ぶ路 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

海老名駅に隣接し、約300両もの車両を収容することができる小田急の海老名検車区。1972年12月18日のダイヤ改正から使用を開始し、小田急で最大規模を誇っています。小田急では、高度経済成長期に輸送人員が飛躍的に増加し、それに合わせて車両数も増加していきました。しかし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年から製造が開始され、良くも悪くも小田急の通勤型車両の常識を変えた3000形。従来の車両と比較して、多くの部分が一新されています。その3000形が、小田急の通勤型車両として初めて採用したものが、ワンハンドル式のマスコンです。小田急では、LSE以降のロマンスカーが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1993年に営業運転を開始し、最後まで1編成のみの在籍だった東京メトロの06系。その希少性や可愛らしい前面デザインで、多くの鉄道ファンに注目される車両でした。たった1編成ということ以外にも06系には面白い点が沢山あり、等間隔ではない側面ドアの配置や、地下鉄車両とし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ