Odapedia

タグ:小田急3000形(2代目)

小田急といえば異形式の併結、今でもこのイメージは強くあるのではないでしょうか。通勤型車両の分割併合がなくなった後は、極力同形式を繋ぐようになったものの、現在も異形式併結自体は残っています。現在見られるのは、8000形、1000形、3000形による併結で、リニューアル ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年に運行を開始し、小田急最大の勢力となった3000形。4編成の1次車からスタートした形式は、現在も中間車が増備され、さらに増えている状況です。その3000形の中で気になる存在が、最初に登場した1次車です。3251Fから3254Fまでの4編成で、他の3000形と車体が大きく異な ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

それまでの車両とは様々な部分で異なり、小田急の転換点となった3000形。大きく変わった外見や、標準仕様の導入が目立ちますが、細かい部分でもそれまでの小田急から変更された点があります。まずは床下の配色です。それまでの小田急では、機器類は黒、台車は灰色となってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急最多の両数を誇る3000形の中で、最も印象に残る編成と聞かれれば、多くの方が3263Fと答えるのではないでしょうか。床下全体を防音カバーで覆ったその姿は、取り外された現在でも強く印象に残っています。3263Fは2003年の後半に姿を見せました。しばらく試運転が行われ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の小田急で最大の勢力を誇り、6両、8両、10両の編成が在籍する小田急3000形。登場後に組み替えが行われており、かなりややこしい番台区分となっています。3000形で最初に登場したのは、2600形を置き換えるための6両でした。この6両には3200番台が使われており、いきなり3 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる小田急の多摩線。1974年に開業し、小田急の中では新しい路線です。開業が比較的近年ということもあり、線内に踏切はなく、全ての道路と立体交差になっています。駅が簡素で、走るのは古い車両ばかりでしたが、路線と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続くと予想されていた小田急3000形の10両化ですが、やはり今年度も続くようで、中間車だけが増備されるようです。最近の流れのまま、8両が10両化されていくのでしょう。最終的に全ての8両が10両化されるのかは分かりませんが、3000形は今後どのように使われていくの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1974年に開業し、近年は利用者も増加した小田急の多摩線。新百合ヶ丘から小田急永山までが最初に開業し、翌年に小田急多摩センター、1990年に唐木田まで延伸されてきました。開業から現在まで、多摩線内で改称された駅はありませんが、開業前に予定されていた名称から変更さ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

よみうりランドの最寄り駅となっている、小田急の読売ランド前駅。施設はよみうりが平仮名なのに対して、駅名は読売と漢字になっていたり、少し気になる駅です。この読売ランド前、この駅名に騙されてはいけません。実際に降りてみると分かりますが、周辺は普通の住宅地で、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい技術を積極的に導入しながら、保守的な部分も存在する、小田急とはそんな会社です。その小田急が3000形まで頑なに採用を続けた、ある設備がありました。正確には3000形の1次車までの採用で、側面に見られる戸袋窓です。国鉄や京王等も採用を続けた会社ですが、小田急は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ