Odapedia

タグ:小田急3000形(2代目)

2001年から製造が開始され、毎年大量の増備が行われた小田急3000形。過去から現在まで、1形式として最も多く製造された小田急の車両となっており、全線で見ることができます。かつてないほどの大量増備となった3000形ですが、その背景には何があったのでしょうか。その背景を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝のラッシュ時に上り方向にだけ運転され、小田急の中では運行本数が少ない種別となっている通勤急行。平日のみの運行となっていることもあり、希少性の高い種別です。現在は全列車が10両で運転される通勤急行ですが、登場直後には8両で運転される列車が存在しました。その列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の終点である小田原を起点に、箱根湯本を経て強羅までを結んでいる箱根登山鉄道の鉄道線。80‰の急こう配を登山する鉄道として、あまりにも有名な路線です。このように、路線としては小田原から強羅までを結んでいる鉄道線ですが、現在は箱根湯本を境にして系統が分離 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で最大の勢力となっている3000形の中で、登場時に最もインパクトがあった編成といえば、誰に聞いても3263Fと答えるのではないでしょうか。床下全面にカバーを装備したその姿は、あまりにも異様な姿から、小田急ファンに変態カバーという不名誉な呼ばれ方をするようにさ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線と江ノ島線が分岐し、多くの列車が行き交う小田急の相模大野駅。駅から小田原方に200m進んだ位置に、施設上の分岐点である、相模大野分岐点があります。相模大野から藤沢や片瀬江ノ島に向かう江ノ島線は、1929年に開業しました。線内の折り返しや、小田原線の町田ま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーキ読替装置を搭載し、電磁直通ブレーキを装備した他形式との併結を実現した小田急3000形。大量の車両を置き換えていく中で、ブレーキ指令方式が異なる車両を共存させつつ、柔軟な運用を実現しました。その3000形の中で、初期に登場した12編成は、その後の編成と仕様が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年に営業運転を開始し、その後小田急の最大勢力となった3000形。6両が最初に登場して以降、8両や10両が加わり、多くの従来形式を置き換えていきました。3000形は元々大量に増備される計画だったようですが、それを前提とした場合に不可解なこととして、場当たり的とも感 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年に3251Fが竣功し、その後大量に増備された小田急3000形。良くも悪くもそれまでの車両とは違う部分が多く、賛否両論がある形式です。長く続いた小田急らしいデザインから転換し、外見的な変更点が目立つ3000形ですが、その中に雨樋の位置が下がったという点があります。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在はロマンスカーだけで行われるようになった、小田急の分割併合。以前は通勤型車両でも行われており、最盛期にはほとんどの急行列車が途中駅で分割併合を行っていました。途中駅で分割をする列車は、異なる方向に向かう列車や、種別が変わる列車が多かったため、分割する ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で最大の所属両数を誇り、全線を走り回っている3000形。2001年度に3251Fが登場して以降増備を重ね、小田急の主力形式となっています。この3000形、製造年次ごとの差異が多いことが特徴で、昔であれば別形式になったのではないかと思うほどです。外見上では、1次車のワ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ