Odapedia

タグ:小田急30000形

多くの列車が10両で走るようになり、分割併合が日常的に行われていた頃とは別路線のようになった小田急。現在は10両固定編成の5000形が増備されており、4両と6両を繋いだ10両も少しずつ減っています。1977年に新宿から本厚木の区間で始まった10両での運転は、少しずつ区間を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道車両には欠かせない装備となっている警笛。車両の存在に気付かせるための警告としての使用のほか、時には挨拶のようにも使われ、音としても身近なものです。小田急の車両にも当然警笛が装備されていますが、現在は空気笛と電子笛の両方が搭載されています。今回はその中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が大混乱となった2020年が終わろうとしています。私自身の生活にも色々と変化があり、良いことも悪いこともあった1年でした。小田急にとっての2020年は、まさに激動の1年といえるものであり、車両を中心として様々な変化がありま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

はこね、さがみ等、列車の愛称を車両の前面に表示してきた小田急のロマンスカー。古くは愛称が書かれたサボを掲出していましたが、NSEが登場した際にアクリル板を交換する電照式のものが採用され、自動幕式、LED式と変化してきました。近年は前面に愛称を表示しない車両が増 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

分割併合ができるロマンスカーとして、1996年に登場した小田急のEXE。2007年にはMSEも加わり、4両と6両を組み合わせ、10両で走るロマンスカーは多数派となりました。日常利用のニーズも重視するようになったロマンスカーは、今後どうなっていくのでしょうか。分割併合ができ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くのロマンスカーが走る小田原線に対して、それほど多くない本数が走っている江ノ島線。昔は江ノ島線を走る優等列車が少なかったこともあり存在感がありましたが、快速急行が登場した後は以前より地味な存在となってしまいました。現在のえのしま号は、メトロえのしま号 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿から小田原までをノンストップで走り、小田急で最も停車駅が少ない営業列車がスーパーはこね号です。はこね号が昔はノンストップの列車となっていましたが、町田を停車駅に加えることとなり、区別するためにスーパーはこね号が誕生しました。以前はそれなりの本数が運転 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で初めて大型車の10両で運転するロマンスカーとして登場し、現在も主力として活躍する30000形。外見のデザインは賛否が分かれますが、座席に関する評価はかなり高く、乗るという観点では最高のロマンスカーといえます。評判が良い30000形の座席ですが、全編成が同じと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大によって、急激な変化が生じている通勤電車の需要。緊急事態宣言の解除後は乗客がかなり戻っていますが、私が小田急を通勤で利用する際も、以前に比べると空いているように感じます。時差通勤やテレワークが広がり、少しずつ変化が生じているの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

それまでの小田急ロマンスカーの流れを断ち切り、当時としてはかなり異質な存在としてデビューしたEXE。シンプルになった外見は賛否両論で、SE以降のロマンスカーとしては初めてブルーリボン賞の受賞を逃しました。近年は専ら日常利用を主体とした列車に使われてきたEXEです ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ