Odapedia

タグ:小田急4000形

中型車や非冷房車が一掃され、冷房がある大型車に統一された平成初期の小田急線。長さが同じ4扉の車両に統一されたことで、乗客への案内がしやすくなりました。一方で、異なる形式を連結した編成がとても多く、運転には苦労が多かったと聞きます。この時期に活躍していた車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

古い車両の主電動機等を流用し、1966年に登場した小田急4000形。2600形と同様の車体ながら、足回りは吊り掛け駆動となっており、見た目とのギャップが激しい形式でした。機器流用車という特殊性からか、他の小田急の車両とは履いている台車が異なり、後年には振り替えも行わ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

扉を閉めてから徹底した安全確認を行い、点字ブロックより外側に人がいる場合には決して出発しない小田急。ある事故をきっかけに厳しくなった安全確認ですが、それ以前は定時運行を確保するため、かなり素早く発車していました。今回は安全確認が厳しくなったきっかけと、そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来車の主電動機等を流用し、1966年に登場した小田急4000形。2600形と同様の車体に流用した機器を組み合わせた車両で、3両が22編成登場しました。後に中間車を増備し、一部の編成が5両化されましたが、その際に増備された中間車はそれまでの車両と違う部分がありました。197 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

旧形式の主電動機等を流用し、1966年に製造が開始された小田急の4000形。1976年までに92両が製造され、近代的な車体とは不釣り合いな、吊り掛け駆動の走行音を奏でるのが特徴でした。この4000形には多くの形式から主電動機が流用されていますが、そもそも小田急にはどのよう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線を営業している小田急電鉄。本線である小田原線の途中駅から、支線である江ノ島線と多摩線が分岐しています。その本線と支線の分岐点となっている駅が、新百合ヶ丘と相模大野です。どちらも小田急としては大規模な駅で、終日に渡って乗り換 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

温暖化が進む現代社会の日本において、なくてはならないものとなった冷房。小田急では、1962年にロマンスカーのSEを冷房化改造して以降、1968年に2400形のクハ2478を冷房化改造し、通勤型車両で使用する場合の試験を経て、1971年に製造した5000形の3次車から本格的な冷房車の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

他形式から主電動機等を流用し、1966年から製造が開始された小田急4000形。近代的な車体で吊り掛けモーターの音を奏でる車両で、そのアンバランスさが魅力の一つとなっていました。4000形は2600形と同様の車体を持つ車両でしたが、足回りは旧態依然とした吊り掛け駆動方式で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前面に貫通扉を備え、上部に前照灯を備えるデザインが定番だった小田急。このデザインは小田急顔と呼ばれ、多くの形式が同様のデザインとなっていました。2600形で20m級の大型車体を本格的に採用し、その際も小田急顔とした小田急では、その後4000形と5000形でも同様のデザイ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

同時期に登場し、似た外見を持つ形式だった小田急の2600形と4000形。大きな違いは足回りで、2600形が完全な新製車だったのに対して、4000形は主電動機等を他の車両から流用していました。そんな2形式でしたが、後の車両では標準となるあるものが、登場当初は設置されていませ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ