Odapedia

タグ:小田急4000形

同時期に登場し、似た外見を持つ形式だった小田急の2600形と4000形。大きな違いは足回りで、2600形が完全な新製車だったのに対して、4000形は主電動機等を他の車両から流用していました。そんな2形式でしたが、後の車両では標準となるあるものが、登場当初は設置されていませ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から延伸についての議論が行われ、先日採算性等に関する報告書が公開されたことで、以前より延伸が現実味を帯びてきた小田急の多摩線。報告書の内容については、既に多くの記事が書かれていますので、Odapediaらしく一つのことを今回は掘り下げてみようと思います。多摩線 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

長い間通勤型車両の編成単位での廃車がなかった小田急において、2000年から大量置き換えが開始されました。最初に廃車となったのは2600形でしたが、VVVFインバーター制御の2666Fからだったこともあり、当時の衝撃はなかなかのものでした。車両の置き換えはそれ以降毎年行われ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

古い車両の主電動機を流用し、吊り掛け駆動方式で登場した小田急4000形。後に2400形から主電動機を譲り受けて高性能化されましたが、4000形といえば吊り掛け駆動とイメージする方も多いのではないでしょうか。4000形は1966年から製造が開始され、1970年までに2M1Tの3両が22本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで非冷房で残っていた2400形が廃車となったことで、1989年に車両の冷房化率が100%となった小田急。1962年にSEが冷房化されたのを皮切りに、少しずつ冷房車を増やしていきました。ロマンスカーの歴史から振り返ってみましょう。前述のとおり、SEが冷房改造されたのが小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急4000形の6両編成としては2本目の編成で、冷房装置にCU-195Aを搭載しているのが外見的な特徴。旧4002Fと旧4005Fを組み合わせた編成で、残った4両が4052Fになっています。晩年は他の6両と同様に各停を中心として使われ、2004年に廃車されました。編成:6両【次車区分】ク ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマンスカーを除き、20m級の大型車に統一されている小田急。全車が4扉となっており、統一されていることによるメリットはとても大きいものです。しかし、他の多くの私鉄がそうであったように、最初から大型車を走らせていたわけではなく、増え続ける輸送人員をさばくために ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年のダイヤ改正で通勤型車両の分割併合が廃止され、優等列車は全区間を10両のままで走るようになった小田急。昔はほとんどの急行が途中駅で分割併合を行っており、その複雑な運用は趣味的な面でとても面白いものでした。今の小田急を見ていると信じられないことですが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1927年に新宿から小田原までの全線を一気に開業させた小田急。開業時から高速輸送を念頭に置き、当時としては最新の設備を導入してのスタートでした。高速輸送を考えていたことは駅の配置等に反映されており、上下線で共用する島式ホームがほとんどありませんでした。これは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は10両固定編成が多くなりましたが、4両と6両を組み合わせた10両が、以前は小田急の特徴でした。箱根登山線への直通急行があった頃は、途中駅で分割併合を行う急行が多く、異形式を繋いだ多種多様な10両編成を見ることができました。現在も4両と6両を繋いだ10両は沢山見 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ