Odapedia

タグ:小田急4000形(2代目)

新型車両が登場する際のお楽しみといえば、営業運転開始前の試運転です。終電後の試運転から始まり、最後は多摩線で試運転を重ねるというのが小田急ではお決まりのパターンで、普段は静かな多摩線が賑わいます。通勤型車両で小田急最新となっている4000形も、このパターンで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

LED表示を搭載する車両が増えると、撮影には注意が必要になってきます。小田急も年々幕を装備した車両が減り、低速シャッターを使う必要が出てきました。なぜ低速シャッターを使う必要があるのかというと、表示を切れさせないためです。切れても良い場合には、無視して高速シ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本のE233系をベースとして、地下鉄直通用形式として登場した小田急4000形。E233系の仕様を極力変えないようにしているため、従来の車両とは異なる部分が多い形式です。小田急らしくないところは多々ありますが、個人的に辛いと感じているのが車体の幅です。2600形以降 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年のことながら、1年が過ぎるのは本当に早く、2018年も今日で終わりです。小田急にとっては激動の年となった2018年を振り返り、今年最後の記事と致します。2018年には色々なことがあった小田急ですが、車両面ではGSEこと70000形がデビューしました。営業開始前には多摩線で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8000形から4000形まで、現在は5形式が活躍する小田急の通勤型車両。1000形と2000形を共通として扱うと、前面デザインとしては4種類になります。これらの前面デザインでどれが最も好きか、Twitter上でアンケートを行いました。300人もの方に回答を頂きましたので、ランキング ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

唐木田駅に向かう下り列車を、カーブで綺麗に撮ることができる撮影地です。後方は下部が隠れてしまいますが、小田急多摩線らしい景色が写ります。10両がしっかりと入り、比較的スピードも落ちているので、撮りやすい場所です。順光時間帯:昼前後焦点距離:300mm程度唐木田駅 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はヘッドマークをあまり付けないので、他社に比べて少し寂しい小田急線。何かあったかなと探してみたところ、4000形に付けた写真が出てきました。PASMOの10周年を記念して装着されたもので、4066Fが選ばれています。LEDの表示を切らずに撮るのが面倒な4000形だったので、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩線が分岐し、近年の急速な発展で小田急の中心となりつつある新百合ヶ丘駅。小田原線と多摩線を直通する列車が増える中、立体交差で建設されたその構造が大活躍しています。元々は周辺に何もないような場所で、建設当時の運転本数は今よりだいぶ少なかったわけですが、立 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤ改正後、直通車が来なくなり少し寂しくなった多摩線。唯一小田急の4000形だけが、線内運用として顔を出す存在になりました。線内運用の急行として、時折このように顔を出します。登場時から多摩線と千代田線を往復することが多かった4000形ですが、少しずつその立ち位 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年に登場した小田急の4000形。この4000形には、短期間しか見られなかったレアな姿があります。これがその姿で、まだブランドマークが貼り付けられていません。貼り付けは2008年3月のダイヤ改正に合わせて始まったので、約半年ぐらいしか見られなかったことになります。ブ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ