Odapedia

タグ:小田急5000形

小田急5000形の2次車で、グループの中では2本目となる編成。しかし、5057Fと5058Fより後に竣功しており、実質的には2次車の最終編成といえます。5000形としては標準的な外見をしており、目立つ特徴はありませんでした。編成:4両【次車区分】クハ5056:2次車デハ5006:2次車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急初の量産冷房車となった5000形の3次車で、冷房装置としてCU-12Aを搭載しています。冷房装置の違い以外は、1次車や2次車と大きな違いはなく、5000形としては標準的な外見でした。営業運転からの離脱後、海老名検車区で実施された異常時総合訓練において、乗用車に衝突さ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都から神奈川県に向かって走り、町田市で一度東京都に戻った後、再び神奈川県を進む小田急の小田原線。新宿からかなりの距離を走り、小田原が近くなる場所に位置するのが、今回取り上げる新松田と開成の2駅です。小田急の路線は、江ノ島線や多摩線を含めても、全ての駅が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に運行を開始し、合計で60両が製造された4両の小田急5000形。合計で15編成となっていましたが、9000形の製造に伴う中断期間があり、前期車と後期車に分かれていることが特徴です。前期車は1969年から1971年に製造され、5051Fから5062Fまでの12編成が該当します。5059F ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

約2年半しか設定されず、既に幻の種別となってしまった小田急の湘南急行。今回は、その湘南急行がどんな種別だったのかを振り返ってみたいと思います。湘南急行は、江ノ島線の利便性を向上させるために生まれました。それまでの江ノ島線は、編成の両数が小田原線と比べて短く ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

経済性を重視しつつ、2200形と同等の高加減速性能を持つ車両として製造された小田急2400形。後に2600形と同様の大型車体を採用した5000形へと発展し、増加し続ける乗客の輸送を担っていました。小田急では、その2400形と5000形にのみ採用されていた、高性能な制御装置があり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急5000形の6両としては2次車にあたりますが、1次車と竣功日がほとんど変わりません。6両の初期車としては標準的な外見ですが、登場時は側面の表示装置が種別のみのもので、3次車以降とは異なっていました。5000形としては3本目の廃車編成となっており、4両の廃車が始まる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年は地上専用の車両でも起動加速度が3.3km/h/sとなり、高加速化が進められた小田急の通勤型車両。8000形以前の車両は今よりも起動加速度が低く、もう少しのんびりと走っていました。日常的に異形式の併結を行う小田急ですが、実際には形式によって起動加速度が異なっていま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

優等列車の合間を縫い、全ての駅に停車して走る各駅停車の列車。小田急にも当然設定されており、以前は各停と表示していましたが、近年は各駅停車として案内されています。小田急の場合は各線ごとに折り返し列車が設定されており、小田原線は主に新宿から本厚木の間、江ノ島 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年に5000形が引退したことで、小田急線上から姿を消した小田急顔の車両。上部に2灯のライトを配置し、貫通扉を設けたその前面デザインは小田急顔と呼ばれ、一時期の小田急を代表するものでした。通勤型車両の多くが、長年このデザインを採用した小田急でしたが、最盛期は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ