Odapedia

タグ:小田急5000形

小田急の車両の台車といえば、アルストムリンク式というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。通勤型車両では1000形、ロマンスカーでは20000形まで採用されたこの台車は、小田急の車両を象徴するアイテムの一つでした。そして、小田急の台車といえば、もう一つ特 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

4両の車両が行ったり来たり、小田急小田原線の末端区間のようにも見える、箱根登山線の小田原から箱根湯本までの区間。昔は箱根登山鉄道の車両も走っていましたが、現在は小田急1000形やロマンスカーのみが営業運転を行っています。この区間で使われている1000形は外装が変更 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に登場し、4両が15編成、6両が20編成、合計180両が製造された小田急5000形。小田急が急行の長編成化を進めている時期に登場した車両であり、8両化に合わせて4両が、10両化に合わせて6両が増備されました。登場から晩年まで、元の編成を崩さずに5000形は使われますが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

真ん中に貫通扉を備え、おでこにはライトが二つ、左右対称のどこか愛嬌のあるデザインだった一昔前の小田急の車両。現役の車両はなくなりましたが、小田急といえばこのデザインを思い浮かべる方はまだ多いのではないでしょうか。長い期間採用されたこの前面デザインの車両は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急5000形の車体修理は、4両の5063Fを残したまま6両の施工に移行します。4両の車体修理が完了していない1996年に5255Fから開始され、小田急らしく全編成が更新されず、5063Fだけが未更新で残ってしまうのではないかと思われました。6両の車体修理は4両と若干内容が変わり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の鉄道車両では当たり前となった、種別や行先表示の英字併記。小田急も例外ではなく、在籍する全ての車両が英字併記に対応した表示装置を備えています。本格的に英字併記化が行われる前から、小田急では一部の車両にのみ英字併記がある行先幕が見られました。東京メトロ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

全180両が出揃った5000形は、小田急の主力車両として活躍していきます。急行用として登場した形式ですが、営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れ以外は全てに対応できる車両だったため、小田急全線に活躍の場を広げていきました。昭和の終わり頃の5000形は、4 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の小田急では当たり前となった、二段式の電気連結器。新造車では3000形の製造途中から、改造では8000形がリニューアルの際に初めて二段式となりました。こうして小田急に二段式の電気連結器を装備する車両が登場しましたが、その際に関係ない車両も含めて、全車的な動き ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は小田急1000形の4両が行ったり来たりするようになった、箱根登山線の小田原から箱根湯本までの区間。以前は新宿から走る急行が6両で直通運転を行っており、箱根湯本行きといえば前に繋がる6両でした。6両の急行が乗り入れるのが定番だった箱根登山線ですが、さらに昔は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急5000形の6両で6次車として登場し、2010年まで活躍した編成。6両のままで残った編成としては比較的長く使われ、5000形の最晩年まで姿を見ることができました。Hゴムを使用しないスッキリとした外見の後期車に属し、前照灯がシールドビーム化されていました。2010年10月1 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ