Odapedia

タグ:小田急5000形(2代目)

拡幅車体を復活させた通勤型車両として、2020年に営業運転を開始した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5056Fの概要2021年度分の最初の編成として増備され、5055Fに続いて川崎重工業で製造されました。それまでの編成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年度に最初の編成が登場して以降、順調に勢力を拡大しつつある小田急の5000形。最新の編成となる5061Fが営業運転を開始し、さらに見かける機会が増えてきました。既に通勤型車両の主力となりつつある5000形について、現状を整理してみたいと思います。営業運転を開始した ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

全部で70の駅があり、利用者が多い駅が沿線に点在している小田急線。街の発展により、利用者が増加傾向の駅がある一方、昔に比べて利用者が減少している駅もあります。平成の初期である30年ほど前と比較した場合、各駅の利用者数はどのように変化をしているのでしょうか。199 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

藤沢駅を境に運行が分断されたことで、片瀬江ノ島発着の快速急行は消滅しました。箱根湯本と片瀬江ノ島は、小田急で行ける主要な観光地ですが、どちらにも通勤型車両では乗り通せない状況となっています。2022年3月12日のダイヤ変更において、大胆な減便を行った小田急ですが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急とJR東日本の駅があり、町田市の中心地にもなっている町田駅。現在はどちらの会社も町田を名乗っていますが、昔は駅名が異なっていました。現在もやや離れている二つの町田駅ですが、どのように駅名が変化してきたのでしょうか。駅名が異なる二つの町田駅小田急の小田 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

拡幅車体を復活させた通勤型車両として、2020年に営業運転を開始した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5060Fの概要2022年度分としては最初の編成で、川崎車両にて製造されました。5000形では10本目の編成となり、2022 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両に設置され、交通弱者の着席を優先することを促している優先席。小田急では全ての車両に設置されており、近年は周囲と内装の色を変えるといった対応も進められてきました。現在では当たり前となった優先席ですが、小田急ではいつ頃設置され、どのような歴史を歩ん ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

拡幅車体を復活させた通勤型車両として、2020年に営業運転を開始した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5054Fの概要2020年度分の編成として、5053Fに続き総合車両製作所で製造されました。5000形としては4本目の編成と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多種多様な車両が活躍し、乗車時にはどれに当たるのかという点での楽しみがある小田急。見た目の違いは分かりやすい部分ですが、搭載する機器や車両としてのスペックにも、意外な違いが隠れています。見えない部分の違いとしては、車両の重さという観点がありますが、どれぐ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

拡幅車体を復活させた通勤型車両として、2020年に営業運転を開始した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5055Fの概要2020年度分のラストの編成として増備され、5000形では5本目の編成となりました。再び川崎重工業での ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ