Odapedia

タグ:小田急5000形(2代目)

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が大混乱となった2020年が終わろうとしています。私自身の生活にも色々と変化があり、良いことも悪いこともあった1年でした。小田急にとっての2020年は、まさに激動の1年といえるものであり、車両を中心として様々な変化がありま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両としては久々の新形式となる5000形が登場し、8000形や1000形の置き換えが始まった小田急。8000形の次に登場した1000形で形式名が若返ってからは、2000形、3000形、4000形、5000形と順番に続いてきました。少し気が早いですが、この流れを踏襲すると、次の形式は600 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年から営業運転を開始し、現在までに4編成が製造された小田急5000形。拡幅車体や張り上げ屋根の復活、帯のデザイン変更等、小田急の意気込みが伝わってくる車両に仕上がっています。今回は、5000形の近年の車両との違いや、小田急がこの車両に込めた狙いを探ってみたいと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両としては久々の新形式となる5000形が営業運転を開始し、少しずつ車両の置き換えが行われている小田急。ロマンスカーではLSEがGSEに交代し、近年は車両の動きが活発になってきました。今回は過去の車両の動きを参考にしつつ、10年後の小田急でどんな車両が走ってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代の通勤型車両として、今後ある程度増備されることが予想される小田急5000形。3000形、4000形と続いた垂直車体の流れを断ち切り、小田急としては久々の拡幅車体となりました。復活した5000形の拡幅車体には、復活だけではない特筆するべき点があります。それは8000形以 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

少しずつ編成数が増加し、見かける機会が増えてきた小田急5000形。今後の標準車両として、ある程度の編成数が増備されると考えられ、さらに見る機会が増えそうです。5000形は小田急の通勤型車両として初めて2色の帯を巻いており、外見のデザインが大きく変化しました。近年は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の小田急の標準車両として、2019年度から導入が開始された5000形。2019年度は5051Fの1本のみが導入されましたが、2020年度には一気に5編成を導入し、勢力を拡大していく予定となっていました。2020年度に入り、5052Fから増備が進む5000形ですが、先日発表された鉄道事業 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、外出の自粛やテレワークの推進により、鉄道各社にも多大な影響が生じつつあります。小田急も例外ではなく、通常時と比べて乗客はかなり少なくなっており、ロマンスカーは空気輸送になっています。JR東日本が最終赤字になったと発表する ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月26日、小田急5000形が営業運転を開始しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためにイベント等は中止され、少し寂しいスタートとなってしまいました。これから続々と増えることが予想される5000形ですから、焦って撮影する必要はあまりないでしょう。今は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月26日の営業運転開始に向けて、試運転が繰り返されている小田急5000形。4000形以来約13年ぶりとなる新型通勤電車は、小田急ファンからも好評な声が聞こえてきます。その理由の一つと考えられるのが、2000形以来となる拡幅車体の復活です。車体の幅は2,900mmとなり、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ