Odapedia

タグ:小田急5000形(2代目)

東京都の新宿駅から神奈川県の小田原駅まで、全長82.5kmを結んでいる小田急小田原線。和泉多摩川駅と登戸駅の間で多摩川を渡り、東京都から神奈川県へと入ります。しかし、その後は神奈川県内を走り続けるのかというと、ちょっと違うのが小田急のややこしいところ。小田急で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両としては久々の新形式である5000形が登場し、車両の置き換えが進められている小田急。拡幅車体の復活により、広々とした車内となっていることが特徴です。東京メトロ千代田線への乗り入れ用として、JR東日本のE233系をベースとして登場した4000形を除くと、3000形 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急5000形の5編成目となる5055Fが、2021年2月11日より営業運転を開始しました。5055Fの営業運転開始によって5000形は合計50両となり、小田急線上で5000形を見かける機会がさらに増えそうです。そして、新しい編成が走り始めるということは、置き換えられる編成があるとい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、多摩ニュータウンを通り唐木田までを結んでいる多摩線。小田急としては最も短い路線で、1974年に開業しました。線内には踏切がなく、一部の回送列車がワンマン運転を行っている多摩線ですが、今後営業列車に拡大していく可能性はあるのでし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年に最初の編成となる5051Fが登場し、現在は5055Fまでが登場している小田急5000形。徐々に見かける機会が増えてきており、数年後には小田急の主力車両となっていそうです。5000形といえば、先代の小田急顔の車両のイメージが強く残っている方も多いと思いますが、その中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が大混乱となった2020年が終わろうとしています。私自身の生活にも色々と変化があり、良いことも悪いこともあった1年でした。小田急にとっての2020年は、まさに激動の1年といえるものであり、車両を中心として様々な変化がありま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両としては久々の新形式となる5000形が登場し、8000形や1000形の置き換えが始まった小田急。8000形の次に登場した1000形で形式名が若返ってからは、2000形、3000形、4000形、5000形と順番に続いてきました。少し気が早いですが、この流れを踏襲すると、次の形式は600 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年から営業運転を開始し、現在までに4編成が製造された小田急5000形。拡幅車体や張り上げ屋根の復活、帯のデザイン変更等、小田急の意気込みが伝わってくる車両に仕上がっています。今回は、5000形の近年の車両との違いや、小田急がこの車両に込めた狙いを探ってみたいと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両としては久々の新形式となる5000形が営業運転を開始し、少しずつ車両の置き換えが行われている小田急。ロマンスカーではLSEがGSEに交代し、近年は車両の動きが活発になってきました。今回は過去の車両の動きを参考にしつつ、10年後の小田急でどんな車両が走ってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代の通勤型車両として、今後ある程度増備されることが予想される小田急5000形。3000形、4000形と続いた垂直車体の流れを断ち切り、小田急としては久々の拡幅車体となりました。復活した5000形の拡幅車体には、復活だけではない特筆するべき点があります。それは8000形以 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ