Odapedia

タグ:小田急5000形

小田急5000形の引退が迫る頃、いよいよ通勤でも当たる機会が減ってきました。狙って乗ったのか、偶然だったのかは覚えていませんが、5063Fに乗って帰ってきた時の記録が残っています。撮ってばかりいると、どうしても乗ることを忘れてしまいがち。その車両が奏でる音、揺れ方 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急では、2000形から電気指令式ブレーキを採用しました。異形式での併結を行う小田急では、長らく電磁直通ブレーキを採用してきましたが、併結運用を行わない2000形でようやく通勤型車両での変更ができたのです。2000形の後を受け、その後3000形が登場します。こちらは併 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近下北沢に元気がないような気がします。以前はテレビ等でもよく話題になりましたが、最近はあまり聞くことがなくなりました。そうなると、やはり気になるのは小田急地下化との関係性です。あんなにホームが深くなったら、駅から出ることなんかなくなるよねとは、地下化さ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急でダイヤ改正が行われる度に、消滅しそうでしないのがサバー区間の6連各停です。各停の8連化が行われて以降、少しずつ数を減らしてきたのですが、なかなか完全消滅はせず、しぶとく生き残っています。代々木八幡駅のホーム延伸が完了すると、サバー区間の各停にも10連 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

晩年に3編成が4両に短縮された小田急5000形の6両編成。突如行われた謎めいたその改造には、深い意味があったという噂があります。それは、現在1000形が担っている箱根登山線専用車の役割を、この短縮された5000形が担うはずだったというものです。1000形の専用車も当初3編成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は小田急のマニアック系ネタです。いつも見ているけど意外と分からない、連結器を取り上げます。小田急の先頭車には、当然ながら連結器が取り付けられています。この連結器は、長らくCSD 86というものが装備されてきたのですが、8000形の後期車からCSD 100というものに変 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年に経堂駅で撮影した並走の写真を見てみたら、約10年で小田急には多くの変化があったことが読み取れました。この頃はまだ5000形が走っていたのはもちろんのこと、隣に写る2000形も地味ながら変化が見られます。現在との間違い探しみたいになりますが、見てみることとし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつての小田急では、郊外に行けば行くほど上屋がないホームが見られました。10両対応の駅でさえ、上屋があるのは中央付近のみ、そんな状況でした。しかし、近年上屋の設置が進みつつあり、徐々にそんな光景が減ってきているように思います。上屋がない長いホームに入線する ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は少なくなりましたが、以前の小田急では本当に多くの異形式併結が見られました。むしろ同形式の組み合わせの方が、全体で見ると少なかったように思います。なぜそんなに異形式が繋がっていたのかというと、途中駅で分割併合が行われていたことにその理由があります。分 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

春のダイヤ改正で新宿から多摩線への直通列車が大増発され、色々と雰囲気が変わった小田急線。少し昔に目を向けてみると、新宿から多摩線に向かう列車はかなりレアな部類でした。区間準急が存在した頃は比較的多かったのですが、それより前になると本当に少なかったと記憶し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ