Odapedia

タグ:小田急5000形

製造期間が長期に渡ったため、年次ごとの差異が多く見られた小田急5000形。それらの差異以外にも、特定の編成にのみ存在する違いがあり、趣味的にとても面白い形式でした。色々な面白い編成が存在する5000形ですが、今回はその中から5256Fをピックアップしてみたいと思います ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

急行の大型10両化を推進するため、1978年に登場した小田急5000形の6両編成。5000形自体が優等列車用として登場していることもあり、運用の中心は急行となっていました。世の中が平成に入ると、各停の8両化が進められていきましたが、6両の各停自体は多く走っており、都心部で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

上部に前照灯を配置し、貫通扉を備えた3枚窓の車両、小田急顔と呼ばれるスタイルは、5000形の5270Fまで続きました。小田急顔の歴史は長く、多くの形式が含まれますが、5000形の5063F以降が最終グループに分類されます。5063Fは、9000形の登場後に製造された編成で、それまで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の通勤型車両というと、オールドファンが真っ先に連想するのが小田急顔ではないでしょうか。微妙な違いはありますが、全体のデザインは統一されていて、小田急の車両は統一感がありました。前面スタイルが異なる9000形、8000形、1000形と2000形にも、どこか小田急らし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最盛期には180両が在籍し、主に優等列車を中心に使われた小田急5000形。4両が製造された後に6両が製造され、それぞれの差異も比較的多くあります。6両のほうが新しかった5000形ですが、先行して廃車が進んだのは6両で、古い車両が長く使われるという結果となりました。最晩年 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

他社の車両に比べ、昔から走行音が静かな印象のある小田急。モーターがあるデハに乗っても、そこまで騒音が気にならなかったように思います。その小田急において、意外とうるさかったのがモーターのないクハでした。それは電動空気圧縮機がクハに搭載されていたためで、床下 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

10両化を進める小田急では、3000形の製造が長期に渡っています。小田急でこんなに長期間製造された形式はないと思われることから、過去の形式の製造期間を調べてみることにしました。全形式を調べるのは大変すぎるので、戦後から製造された通勤型車両で見てみたいと思います ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に登場し、最終的に180両が製造された小田急5000形。現在の小田急では装備する車両がいなくなった、発電制動を装備していました。小田急における発電制動は2200形で採用され、2400形も続いて採用しました。床下に並ぶ沢山の抵抗器が2400形の特徴でしたが、発熱量の増加 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に登場し、小田急顔を持つ最後の形式となった5000形。途中で9000形の製造を挟み、4両の製造終了後に6両が集中的に製造されました。全180両が製造された5000形は、各停から急行まで幅広く活躍し、全編成のリニューアルも行われていました。しかし、2600形、4000形、9000 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2600形から始まった、小田急の本格的な20m車時代。ステンレス車へと発展しながら、現在までその流れは続いています。現在は小田急顔の車両が消滅し、新たなステージに入ったといえますが、その小田急顔の車両の屋根上に気になるものがありました。屋根上に並ぶクーラーのキセ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ