Odapedia

タグ:小田急50000形

列車や形式によって異なるものの、駅への到着や出発時にミュージックホーンを鳴らしている小田急のロマンスカー。駅の構内に響く音色は、ロマンスカーの存在感をより一層際立たせています。先日定期運用から引退した50000形(VSE)、マルチな活躍をする60000形(MSE)、最新 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急ロマンスカーといえば連接台車、そんな常識がいよいよ過去のものになろうとしています。3月11日に50000形(VSE)が定期運行を終了、2023年の秋頃に引退すると、小田急からついに現役の連接車が姿を消すこととなります。小田急のロマンスカーといえば連接車のイメージは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鉄道ファンに衝撃を与えた、小田急50000形(VSE)の早期引退。2022年3月11日に定期運行を終了し、2023年の秋頃に引退する予定となっていますが、VSEが定期運行を終了した後は、前面展望席を備えるロマンスカーがGSEのみとなり、少々寂しい状態となってしまいます。小田 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年の秋頃に引退することが発表され、2022年3月11日には定期運行を終了する小田急のVSE。20年未満の活躍期間は、鉄道車両全体として見れば短命であり、理由や事情を別とすれば、残念で寂しいできごととなりそうです。一方で、小田急ロマンスカーの歴史において、早期引退 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月11日をもって定期運行を終了し、2023年の秋頃に引退することが発表された小田急のVSE。約18年という短い活躍期間での引退は、多くの鉄道ファンに衝撃を与えました。一方で、活躍期間が短く、車両自体が比較的新しいことから、他社への譲渡があるのかについても注目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤの変更に合わせて、50000形(VSE)が定期運行を終了することが小田急から発表されました。発表の直後から、早すぎる引退を惜しむ声が鉄道ファンの間で溢れており、ダイヤの変更以上のインパクトがあったようです。2005年に営業運転を開始してから約17年で定期運行を終 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道が道路と交わるうえで、不可欠となっている施設が踏切です。安全性を高めるため、近年は減る一方の施設ではありますが、小田急にも多くの踏切が残っている状態です。小田急には現在229ヶ所の踏切がありますが、その中に上下線の間にも警報灯が設置されている面白い踏切が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急を代表する列車として、現在は小田原線と江ノ島線で運転されているロマンスカー。近年は短距離での日常利用を重視しており、昔と比べて停車駅が増えています。停車駅が増えたことで、昔よりも所要時間が延びていそうに思われますが、実際には複々線化によって短縮され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急を代表する車両として、現在も多くの形式が活躍するロマンスカー。最盛期よりは少なくなりましたが、個性的な4形式が毎日元気に走っています。近年は岡部憲明氏がデザインを担当した車両が多くなっており、アクセントに細い帯が入っている以外は、車体全体が同色の車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿を起点に、小田原や片瀬江ノ島といった観光地や、多摩ニュータウンの唐木田までを結んでいる小田急。3路線には全部で70の駅があり、一部では他の路線に乗り換えることが可能です。同一のホームで乗り換えられる千代田線のような存在や、小田急のホームからは見えない路線 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ