Odapedia

タグ:小田急60000形

最大10両で運転され、各車両に1ヶ所のドアが設けられている小田急のロマンスカー。営業運転時の運用が変わり、最近は一部のドアが開かなくなりました。開かないドアは2ヶ所のみですが、なぜこのような運用となったのでしょうか。ホームドアの設置に伴う運用の変更2022年11月1 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

複々線化によって地下に潜り、地上を走る風景は過去のものとなった小田急の下北沢付近。地下化から10年近くが経過したことで、地上からは線路の名残も消えつつあるようです。長い年数をかけて行われることになった地下複々線化は、どのように進められたのでしょうか。2004年 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

複々線化により多くの駅が高架になり、昔ながらの景色が一変した小田急。連続する高架区間は美しく整い、建築美すら感じることがあります。その複々線区間内において、千歳船橋から祖師ヶ谷大蔵にかけての区間だけは、過去に先行して高架化が行われていました。複々線化時に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿から御殿場まで、JR東海の御殿場線への乗り入れを行っている小田急のふじさん号。少し前まではあさぎり号という列車で、現在は60000形(MSE)がその役目を担っています。車両や乗り入れの形態、列車名を変えて今日まで続いてきた御殿場線への乗り入れは、どのような歴史 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

定期運行を終了した50000形を加えると、現在は4形式が活躍している小田急のロマンスカー。それぞれの車両には愛称が設定されており、鉄道ファンや利用者に親しまれています。設定されている愛称にはきちんとした背景がありますが、どのような意味が込められているのでしょう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

終日に渡って多くの列車が走り、利用者の日常に溶け込んでいる小田急のロマンスカー。1949年に登場した1910形が初代のロマンスカーとして語られますが、原点には戦前に運転された週末温泉急行という列車がありました。戦後にロマンスカーが発展するきっかけともなった週末温 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロの千代田線やJR東海の御殿場線にも乗り入れを行い、愛称どおりのマルチな活躍が目立つ小田急60000形(MSE)。4両が3編成、6両が5編成、合計で42両が製造され、現在も第一線での活躍が続いています。その一方で、初期に製造された編成はまもなく登場から15年を迎え ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急小田原線と東京メトロ千代田線の乗換駅であり、相互直通運転も行われている代々木上原。新宿方で千代田線は小田急の間を抜けて地下に潜り、東京の都心部へと向かっていきます。上りの急勾配で小田急は代々木上原に到達しますが、この場所は運転上の難所でもありました ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数は多くないものの、各路線にいくつかのトンネルがある小田急線。トンネルがあるということは、線路の上に何かがあるということですが、入れる場所とそうではない場所があります。入れる場所であれば、トンネルの上から電車を見ることができそうですが、そのような場所はど ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急から東京メトロの千代田線に乗り入れを行い、地下鉄線内も特急列車として運転している60000形(MSE)。多彩な運行が可能な特急列車という意味を込めて、「Multi Super Express」という愛称が設定されています。2008年に営業運転を開始して以降、愛称のとおりマルチな活 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ