Odapedia

タグ:小田急7000形

高架化や地下化が進められたことで、昔より数が減少した小田急の踏切。踏切には「新宿1号踏切」のような名称が付けられており、それぞれの踏切ごとに異なっています。数字が入っていることから、踏切の名称は連番なのだろうと最初は思いますが、実際には番号が飛んでいます。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年は耳にする機会が多くなり、各社で導入が進んでいる発車メロディー。JR東日本が積極的に導入を進めた結果、徐々に駅で鳴っていることは珍しくないものとなってきました。小田急でも発車メロディーが鳴る機会はあるものの、導入は限定的となっており、他の鉄道会社とは状 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

線路と道路が交わり、鉄道を身近に感じられる場所が踏切です。立体交差化によって減少が続いていますが、小田急には現在も多くの踏切が設置されています。開かずの踏切の問題や、保安上の課題があることから、減ることはあっても、増えることはないのが近年の傾向といえます ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急、JR東日本、江ノ電の3路線が乗り入れ、神奈川県藤沢市の玄関口となっている藤沢駅。駅舎の改良工事が行われると以前から発表されていましたが、2023年度から小田急の工事が始まるとの報道がありました。改良工事によって藤沢駅はどのように変わるのでしょうか。問題だ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バーミリオンオレンジを基調として、グレーやホワイトの帯を加えてまとめられていた小田急ロマンスカーの旧塗装。3000形から7000形まで採用されたこのデザインは、最新型の70000形でも帯として残されています。似たようなデザインでまとめられていた3形式でしたが、細かい部 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前面展望席や連接構造のイメージが強い小田急ロマンスカー。近年はそういった特徴が少なくなりつつありますが、前面展望席等の一部は現在も受け継がれています。ミュージックホーンとして使われるようになった、補助警報もその一つです。現在は出発時や到着時に鳴らすものと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿から小田原までをノンストップで走り、小田急ロマンスカーの花形列車となっているスーパーはこね号。本数はあまり多くなく、1日を通じて数えるほどしかありません。以前は沢山走っていたスーパーはこね号は、なぜこんなに少なくなってしまったのでしょうか。スーパーはこ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両とは異なり、3000形から東洋電機製造の主電動機(モーター)を採用した小田急のロマンスカー。伝統的に三菱電機の主電動機を搭載する通勤型車両に対して、ロマンスカーは異なるという特徴があったのです。しかし、7000形からは2種類の主電動機を採用するようになり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は4形式が在籍し、小田急線内はもちろんのこと、箱根登山線、東京メトロの千代田線、JR東海の御殿場線にも顔を出すロマンスカー。色々な車両が走っており、沿線を賑やかにしてくれるロマンスカーですが、過去には今よりも多くの形式が走っていた時期があります。今回は、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急小田原線の厚木と本厚木の間には、相模川橋梁が架かっています。名前のとおり、相模川を渡るための橋梁ですが、1971年までに架け替えられており、現在のものは2代目です。1927年に開業してから、50年以内に架け替えが行われたことになりますが、それはなぜなのでしょう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ