Odapedia

タグ:小田急70000形

2018年に営業運転を開始し、2編成が活躍する小田急のGSE。現役のロマンスカーの中では最も鮮やかな外部塗色を纏っており、とても目立つ存在となっています。GSEは、VSEに続いて前面に展望席を備えていますが、伝統の連接構造は採用されず、通常のボギー車となっています。ホ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は4形式が活躍し、観光から通勤輸送までを担っている小田急のロマンスカー。NSE以降は裾を絞り、通勤型車両と同様に車体幅を2,900mmとした拡幅車体を採用してきました。2,900mmの車体幅はEXEまで採用され、ゆったりとした車内を実現しています。しかし、この流れは意外な ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年にLSEが引退したことで、現在は4形式に整理された小田急のロマンスカー。形式のバリエーションが多かった時期と比べると、少し寂しく感じる部分もありますが、個性的な車両たちが観光や通勤輸送に活躍しています。以前であれば、圧倒的にLSEへの人気が集中しているよう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のロマンスカーにおいて、現在圧倒的な多数派となっているのが、4両と6両を組み合わせて10両を組成するタイプの車両です。EXEとMSEがこのタイプに該当し、MSEのほうが他社線に直通できるという違いはありますが、日常利用の客層を中心にしているという点では、実質的に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8両編成で登場し、国鉄御殿場線への直通用に編成を短縮、5両編成となった小田急のSE。その際に前面が改造され、前照灯が両脇にあるデザインとなりました。小田急のSEといえば、この改造後のスタイルのほうが馴染みがある、そう感じる方のほうが多数派ではないかと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年に運用を開始し、最新型のロマンスカーとして活躍する小田急の70000形。優雅なという意味を持つGracefulを用いて、GSEという愛称が与えられています。そのGSEなのですが、名前に恥じないぐらい優雅なのが驚きです。目の前を通過する時、一瞬時が止まるような感覚があり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年のことながら、1年が過ぎるのは本当に早く、2018年も今日で終わりです。小田急にとっては激動の年となった2018年を振り返り、今年最後の記事と致します。2018年には色々なことがあった小田急ですが、車両面ではGSEこと70000形がデビューしました。営業開始前には多摩線で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のダイヤ改正で運行を開始し、小田急ロマンスカーとして一気に定着した感のあるGSE。展望席等の伝統的な要素と、ボギー台車等を採用した現実的な仕様が混在するのが特徴です。私はこのGSEをとても良い車両だと思っています。EXE以降のロマンスカーが登場するたび、嫌い ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月16日のことですが、GSEを使用して臨時ロマンスカーが運転されました。箱根の大文字焼きに合わせたもので、昭和38年まで運転されていた明星号の愛称を使用しての運行です。平日夜遅くの運転で、かつ前面に表示がないGSEということもあり、小田急の臨時列車とは思えないほど ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新型のロマンスカーである小田急のGSE。必然的に花形列車に充当されます。江ノ島線が分岐し、いよいよ郊外の色が濃くなってくる相模大野。スピードを上げ、ロマンスカーは箱根を目指します。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ