Odapedia

タグ:小田急9000形

現在では当たり前となった、小田急の各駅停車の表示。以前は各停と表示していましたが、さらに昔は無表示が基本となっていました。種別幕が白地の車両は真っ白、黒地の車両は真っ黒というのが見慣れた姿で、各停の表示が開始された際には違和感すらありました。普通列車に表 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れ用として、1972年に登場した小田急9000形。それまでの小田急の車両とはデザインや性能の面で大きく異なり、鉄道ファンからの人気が高い車両でした。その9000形が、デザインや性能の面以外で従来の車両と異なっていたのが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の鉄道車両では標準装備に近いものとなったスカート。自動車との衝突事故や、人身事故の際に被害を軽減する役割を担っています。昔は特急型車両等の高速運転をする車両にのみ装備されていましたが、近年は通勤型車両でも装備されるようになりました。このスカートという ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

主に各駅停車や回送の列車が停車し、優等列車に抜かれる際に入る待避線。優等列車が多く走る小田急にも多く存在し、急行やロマンスカーが各駅停車を抜かしていきます。小田急の場合、都心部は複々線化されてしまったため、待避線らしい光景がある駅は向ヶ丘遊園まで基本的に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役を引退した車両を多く保存している小田急。留置スペースを確保するために一部の車両が解体されましたが、現在も多くの車両が保存されています。近年は行われなくなりましたが、以前はファミリー鉄道展で保存車両を展示するため、喜多見検車区から海老名まで運ばれる機会 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代に入ると、小田急では通勤型車両の本格的な置き換えが開始されました。2600形が少しずつ数を減らし、9000形にも廃車の噂が聞こえてくるようになりました。この時期、小田急では集電装置のシングルアーム式パンタグラフへの交換が行われていました。5000形以降の車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れが1978年から始まった小田急9000形ですが、1990年には直通運用から撤退し、小田急線内専用車となりました。乗り入れていた期間は約12年しかなく、実際にはとても短かったのです。小田急線内専用車となった後、地下鉄直通 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

快速急行や急行を中心として、現在は多くの優等列車が10両で運転されている小田急。以前は相模大野から先の区間を中心に6両の急行が走っていましたが、最近はこれらもあまり見られなくなりました。そんな小田急において、最も珍しいのが8両の急行です。現在は平日に1往復だけ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急9000形にとって本来の役目となる、営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れが、1978年3月31日から開始されました。千代田線からは6000系が小田急に乗り入れるようになり、新しい時代が始まったのです。これに先立ち、代々木上原で9000形と6000系を並べた式 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1972年に1次車の24両が竣功した後、小田急9000形は同年中に2次車が16両竣功しました。2次車は若干の仕様変更があり、1次車の側面の表示装置が5000形と同様のランプ切り替え式だったのに対し、その後の標準となる種別のみの幕式となりました。こうして9001Fから9010Fまで、4両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ