Odapedia

線路と道路が交差し、列車が通過しない時は車や人が通行する踏切。小田急にも多くの踏切が設けられていますが、ラッシュ時を中心に開く時間が短くなってしまいがちで、少しでも閉まっている時間を短縮するべく、昔から対策が行われてきました。各駅停車から特急まで、様々な ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線から多摩線が分岐し、1日を通して多くの車両が行き交う小田急の新百合ヶ丘駅。3面6線の配線を活かし、多摩線の折り返し列車をさばきつつ、小田原線と多摩線の直通運転も行われています。そんな新百合ヶ丘駅での折り返し運転は、小田急の中では比較的珍しい扱いで行わ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年4月1日をもって、小田急のロマンスカーで提供されていた無料Wi-Fiサービスが終了しました。Wi-Fiは無線LAN規格の一つで、現代ではほぼ同じ意味で使われていますが、一般的にはWi-Fiと呼ばれることが多くなっているように思います。無料Wi-Fiサービスの終了には様々な意 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1551Fの概要ワイドドア車の1次車として登場した編成で、1000形における大きな変化を生みました。1次車は4両と6両がそれぞれ2編成ずつ造られ、登場時には4 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急から西武に車両が輸送され、8000形が装いを新たに国分寺線を走る日が近付きつつあります。8000形は1982年に登場し、約40年が経過している車両ですが、大規模なリニューアルを行ったことがプラスに作用し、今回のサプライズへと繋がりました。40年前は1980年代が始まっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

列車の本数が減る本厚木を過ぎてから、最初の主要駅となっている小田急の伊勢原駅。近年は伊勢原駅まで運行される列車が増えたほか、将来的には伊勢原総合車両所の建設や新駅の設置が控えており、周辺の動きが慌ただしくなりつつあります。神奈川県の伊勢原市内にある伊勢原 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車が進行しつつも、西武で引き続き活躍することが決まり、最近は話題が豊富な小田急8000形。西武に譲渡されるのは6両の編成となっており、今後はどの編成が選ばれるのかについても注目が集まりそうです。一方で、相方となる4両編成については譲渡の対象外であり、今後も廃 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に営業運転を開始し、4両と6両の編成が登場した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5269Fの概要長く続いた5000形の増備における最終グループで、同じ年度には8000形が登場している過渡期でした。製造区分上は8次 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原寄りにある主要駅で、JR東海の御殿場線との乗り換えも可能な小田急の新松田駅。開業時から西の主要駅として位置付けられており、かつては特徴的な姿の駅舎が使われていました。現在の新松田駅は、一般的なスタイルの地上駅舎となっていますが、この姿になったのはいつ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

分割併合が可能なロマンスカーとして、1996年に営業運転を開始した小田急30000形(EXE)。前面展望席の有無等、従来の車両とは設計思想が大きく異なっていたこともあり、登場当時は様々な意見が交わされることとなりました。そんなEXEの登場でしたが、車両自体の変化以外にも ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ