Odapedia

他の路線と比較した場合、全体的に静かだと感じることが多い小田急線。車両が滑るように通過していく区間もあり、全国的に見てもかなり静かな路線であることは疑いようがありません。音も楽しむ鉄道ファンとしては、静かすぎて少し物足りないと感じることさえありますが、小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年に営業運転を開始し、4両と6両の編成が登場した小田急5000形。小田急5000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。5253Fの概要1977年度に登場した編成で、5000形の6両としては最も初期のグループに属します。製造区分上は2次車となっていますが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーマーケットやコンビニと並んで、街中で見かけることが多いドラッグストア。薬だけではなく、日用品や食料品も揃えており、小田急の駅周辺にも様々なお店があります。経営統合が盛んに行われており、敵が味方になるケースも多くなっているドラッグストアですが、小田 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ島線内の所要時間短縮を果たした湘南急行を発展させ、小田原線内の停車駅も削減した小田急の快速急行。近年は優等列車の主力となり、小田原線と江ノ島線を走る列車が交互に運転されるようになりました。そんな快速急行ですが、列車によって所要時間には若干の差がありま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに50両がリニューアルされ、愛称もEXEからEXEαに変更された小田急30000形。特急型車両がリニューアルされるのは7000形(LSE)以来のことで、カラーリングの変更によりイメージの一新が図られました。知人より最初の編成が登場した際の写真を提供していただいたため ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

急曲線上にホームが設けられ、車両が車輪を軋ませながら通過する代々木八幡駅。小田急では珍しい島式ホームを備えており、上下線の利用者が同一のホーム上に混在する駅となっています。そんな代々木八幡駅には、日本一長い交通広告が存在しますが、それはどのようなものなの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の本線として、1927年4月1日に全線が一気に開業した小田原線。立体化により数は減っていますが、小田原線には今も多くの踏切が残っており、小田急小田原線全踏切ガイドでは、それらの各踏切について特徴やデータをまとめています。登戸1号踏切の概要代々木上原から続く ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ではICカード乗車券を使うことが一般的になり、切符を買う機会がほぼなくなったという方も多いのではないでしょうか。小田急においてはPASMOが導入されていますが、Suica等との相互利用も可能となっており、利便性はかなり高くなっています。自動改札機にタッチするだけ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

合計180両が製造され、1000形に抜かれるまでは小田急の最多勢力を誇った5000形。4両と6両の編成があり、最大で10両を組んで活躍しました。そんな5000形でしたが、晩年には6両の編成から中間車を抜き、一部が4両に短縮されます。元々は赤い1000形のように、箱根登山線内を走る ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

建物が密集しており、利便性が高いことから駐車料金が高くなりがちな駅周辺の駐車場。小田急を利用する際に、自家用車で駅まで行くというケースはそこまで多くないかもしれませんが、各駅の相場はどうなっているのでしょうか。調べるのが大変ということもあり、区間別に何回 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ