Odapedia

カテゴリ: 西武鉄道

小田急線を離れて西武鉄道に運ばれ、現在は小手指車両基地で姿を見ることができる8000形の8261F。今のところは車両基地内を少し走る程度で、何らかの試運転や訓練が行われているようですが、改造や整備のために移動する日も遠くはないとみられます。現在は小田急時代の姿を保 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急から西武に車両が輸送され、8000形が装いを新たに国分寺線を走る日が近付きつつあります。8000形は1982年に登場し、約40年が経過している車両ですが、大規模なリニューアルを行ったことがプラスに作用し、今回のサプライズへと繋がりました。40年前は1980年代が始まっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急から西武に8000形が譲渡されると発表されてから、気付けば8ヶ月が経過しようとしています。そんな中、譲渡の対象となる可能性が高かった8261Fに動きがあり、ついに小田急線内を飛び出し、西武線内へと運ばれていきました。8000形の輸送は200kmを超える長旅となりました ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武に譲渡されることが決まっており、2024年度には国分寺線を走り始める予定となっている小田急の8000形。具体的な動きがあると思われる2024年ですが、最初に移籍する編成がほぼ確定段階となってきました。半年ほど前に営業運転から離脱し、喜多見検車区内に留置されている8 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急から8000形が譲渡され、2024年度には西武国分寺線での活躍が始まります。本線系を中心に、長編成化が進んだ小田急と西武ですが、支線部においてはやや事情が異なり、比較的本線系と一体化している小田急に対して、西武は短い路線を多く抱えている状況です。どちらにも6 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武鉄道の支線として、国分寺から東村山までの7.8kmを結んでいる国分寺線。今後は小田急から譲渡される8000形が活躍する予定で、大手私鉄同士の車両移籍という珍しいケースとなります。小田急の利用者にとっては馴染みが薄い国分寺線ですが、どのような路線なのでしょうか。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武に譲渡されることが決まり、今後の新たな活躍が注目されている小田急の8000形。置き換え対象は8000形よりも若い2000系ということになりそうで、車齢の面では今よりも古い車両に交代することとなります。交代の決め手は、どの程度の車両更新が行われていたのかという点に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

車齢が40年を超える編成が出てくる中、西武への譲渡といった驚くような話題もある小田急の8000形。2023年度も一部の編成が廃車となってきましたが、8261Fが運用を離脱したと噂になっています。引退が予告されていない状況下で、あまりにも気になる8261Fの動きですが、西武へ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武の国分寺線を走ることが決まり、譲渡後のカラーリングがどのようになるのかも気になる小田急の8000形。登場から現在まで、ケイプアイボリーにロイヤルブルーの帯を巻くというスタイルを維持し、他形式で見られなくなって以降は貴重な存在となっていました。8000形が西武 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武に譲渡されることが発表され、今後慌ただしい動きがあると予想される小田急の8000形。6から7編成の譲渡になるものと思われますが、対象となるのはどの編成になるのかにも注目が集まりつつあります。現状も多くの編成が現役で活躍する8000形ですが、西武を走ることになる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ