Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(ロマンスカー)

他の路線と比較した場合、全体的に静かだと感じることが多い小田急線。車両が滑るように通過していく区間もあり、全国的に見てもかなり静かな路線であることは疑いようがありません。音も楽しむ鉄道ファンとしては、静かすぎて少し物足りないと感じることさえありますが、小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに50両がリニューアルされ、愛称もEXEからEXEαに変更された小田急30000形。特急型車両がリニューアルされるのは7000形(LSE)以来のことで、カラーリングの変更によりイメージの一新が図られました。知人より最初の編成が登場した際の写真を提供していただいたため ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は3形式が活躍し、観光や通勤輸送を担っている小田急のロマンスカー。50000形(VSE)の引退で少々寂しくなりましたが、それ以外の車両たちが日々の輸送を支えています。VSEの引退により、現役のロマンスカーは合計126両となりましたが、製造された時期は様々です。ロマン ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

直通運転はほぼロマンスカーのみとなり、小田急の車両を使いつつも線内折り返し運転が基本となった箱根登山線。かつては急行が直通運転を行い、箱根湯本は小田急線内でもよく見る行先の一つでした。箱根登山線には様々な形式が乗り入れを行いましたが、中にはそれが禁止され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会的なニーズの高まりを受けて、現在は全車両が禁煙となっている小田急のロマンスカー。元々は全ての車両で喫煙が可能でしたが、後に禁煙車が設定され、最終的に全面禁煙となりました。車内でタバコが吸えた時代は遠い過去となりつつありますが、ロマンスカーに禁煙車が登 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

過去に様々な車両が登場し、やがて引退するというサイクルを繰り返してきた小田急。平均的な活躍期間というものはあるものの、形式によって更新の有無等で年数は様々です。既に引退した小田急の車両において、登場から引退までの活躍期間はどれぐらいだったのでしょうか。通 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5年から10年程度の周期で新型車両が登場し、形式によっては世代交代も早い小田急のロマンスカー。2023年の末には、多くのファンに見送られて50000形(VSE)が運行を終了し、一つの歴史が終わりを迎えました。VSEの引退発表後、多くの方々がその勇姿を記録しようと活動してい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年12月10日に惜しまれつつ運行を終了し、小田急線上から姿を消した50000形(VSE)。定期運行の終了後には波動用として残り、1年半以上も高頻度で運行され、多くの出会いや笑顔を生み出しました。VSEロスのような現象さえ発生している状況ですが、最後の活躍では波動用車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在はニューイヤーエクスプレス号を名乗り、大晦日から元旦にかけて運転されてきたロマンスカー。終夜運転の中止により、現在は元旦の数本のみとなってしまいましたが、お正月恒例の列車となっています。かつての愛称は初詣号で、多くの本数が設定されていましたが、実際に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人に見送られ、2023年12月10日に運行を終了した小田急の50000形(VSE)。ロマンスカーのフラグシップとして活躍し、鉄道ファンだけではなく、多くの利用者にも愛される車両となりました。VSEの引退により連接車は消滅し、ロマンスカーらしい車両がなくなってしまったよ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ