Odapedia

タグ:小田急1000形

固定編成化が進み、中間に先頭車が入る10両を見る機会が少なくなった小田急。ロマンスカーは今後も4両と6両を繋いだスタイルが続きそうですが、通勤型車両においては将来的に消滅する可能性も浮上しつつあります。分割併合が日常的に行われていたため、かつての小田急では異 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

異形式を繋いだ編成がほとんど見られなくなり、4両と6両を日常的に繋いでいるのも8000形のみとなった小田急。固定編成化が進んだことで、分割併合の名残ともいえる複数の編成を繋いだ姿は、見納めとなる日が近付きつつあるのかもしれません。そんな小田急ですが、分割併合を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

実業家の利光鶴松氏が創業し、今日まで発展の歴史を歩んできた小田急。新宿から箱根や江ノ島といった観光地に路線網を広げつつも、全線に渡って宅地化が進行し、多くの利用者を抱える路線へと発展しました。開業から100年という節目が近付きつつある小田急では、創業者から後 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年に行ったダイヤの変更により、小田急では夜のラッシュ時における運転本数が削減されました。削減された本数はそこまで多くないものの、快速急行に利用者が集中しやすいという課題を抱えているためか、不思議と削減本数以上のインパクトを感じてしまいます。せっかくの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高架化が行われたことで、踏切が一切ない状態となった小田急の海老名から本厚木にかけての区間。海老名の駅自体は地上にありますが、ホームを出るとすぐに高架へと上っていき、地上を走る部分に踏切はありません。多くの踏切が高架化によって除去されましたが、それ以前にも ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿から小田原までを結ぶ小田原線を中心に、江ノ島線と多摩線を加えた3路線を運行する小田急。全線で70の駅があり、今後は伊勢原市内に71番目の駅ができる予定となっています。そんな小田急の各駅ですが、開業時から存在していた駅と、後に追加された駅があります。今回の記 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在も複線のままで残り、昔ながらの地上区間が続く小田急の新宿付近。代々木八幡の先まで続く地上区間は、短いながらもどこか懐かしい貴重な風景となっています。都心部では高架化や地下化が行われたケースが多い中、小田急の地上区間はなぜ残ったのでしょうか。ふと疑問に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

年々数を減らし、現在は数えられるほどしか運行されなくなった向ヶ丘遊園行きの各駅停車。かつての小田急では各駅停車の主要な行先でしたが、本厚木まで走る列車ばかりとなりました。近距離を結ぶ代表的な各駅停車だった向ヶ丘遊園行きですが、現代においての利用価値はない ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの編成が廃車となり、現在は7編成が現役で活躍する小田急1000形の4両。7編成全てがリニューアルを済ませており、短編成ならではの使い方で、主力の車両をサポートする役割を担っています。僅かな編成数にもかかわらず、様々な活躍シーンが見られる1000形の4両ですが、現 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

複々線化やリニューアルが進められたことで、昔ながらの姿を残す小田急の駅は少なくなりました。洗練されたスタイルの駅は利用しやすいものの、どこか風情があった昔の姿を懐かしく思う時があります。懐かしい小田急の駅を語るアイテムは色々とありますが、ホームに設置され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ