Odapedia

タグ:小田急2000形

8000形から5000形まで、現在は6形式の通勤型車両が活躍する小田急。あえて大別すると、従来の流れをある程度踏襲している2000形までの各形式と、標準化の思想が強くなった3000形以降の各形式に分かれ、登場した時期の時代背景もどことなく反映されています。そんな小田急の各 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿寄りの区間でも10両編成の各駅停車が走るようになり、より一層長編成化が進んだ小田急。かつてはロマンスカーで11両編成が見られましたが、編成長では20m級車体の10両編成が最長となっています。過去から現在まで、10両が最長だった小田急ですが、試運転で12両の編成が運 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの各駅停車が終点となる、本厚木や伊勢原を含む区間について、駐車料金の相場を確認する旅を続けます。小田急の小田原線は、新宿から小田原までを結びますが、この区間の駐車料金はどのような変化を見せるのでしょうか。今回は厚木から秦野までの各駅について、時間貸駐 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩線が分岐する新百合ヶ丘を超え、郊外になってきた印象を強く感じる柿生から先の区間。引き続き駐車場の相場を確認していきますが、どのような変化があるのでしょうか。今回は柿生から海老名までの各駅について、時間貸駐車場の相場を確認していきたいと思います。柿生か ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿と海老名に本社機能を分割し、部署によって所在地を変えている小田急。元々使用していた本社ビルが老朽化し、2023年に本社の移転が行われましたが、その際に小田急の中間ともいえる海老名にも本社機能を持たせ、2拠点の体制となりました。本社が二つとなったことで、登記 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形の登場によりバリエーションが増えましたが、小田急の通勤型車両のイメージといえば、青くて太い帯を巻く姿ではないでしょうか。小田急の車両がこのような姿になったのは、1969年に2600形を塗装変更した時からで、それ以来長きに渡って今日まで続いています。そんな中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

建物が密集しており、利便性が高いことから駐車料金が高くなりがちな駅周辺の駐車場。小田急を利用する際に、自家用車で駅まで行くというケースはそこまで多くないかもしれませんが、各駅の相場はどうなっているのでしょうか。調べるのが大変ということもあり、区間別に何回 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中に店舗を展開し、日本では3,000近いお店が存在するマクドナルド。当然のことながら小田急沿線にも多くの店舗があり、駅前に展開しているケースもみられます。ファーストフードの代表と表現しても言いすぎではないマクドナルドですが、小田急の駅周辺では何店舗が営業し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に営業運転を開始した小田急2000形。小田急2000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。2054Fの概要6編成が増備された3次車の先陣を切って、2000年の後半に登場した編成です。なかなか編成数が増えなかった2000形でしたが、2054F以降はあっと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両の決定版として登場しながら、僅かに72両の増備で終わってしまった小田急の2000形。ほぼ小田原線の各駅停車用という特性から、小田急の中では地味な車両となっています。リニューアルについては形式として飛ばされ、小改良をしつつ活躍を続けていますが、今後はど ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ