Odapedia

タグ:小田急2000形

5000形の登場によりバリエーションが増えましたが、小田急の通勤型車両のイメージといえば、青くて太い帯を巻く姿ではないでしょうか。小田急の車両がこのような姿になったのは、1969年に2600形を塗装変更した時からで、それ以来長きに渡って今日まで続いています。そんな中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

建物が密集しており、利便性が高いことから駐車料金が高くなりがちな駅周辺の駐車場。小田急を利用する際に、自家用車で駅まで行くというケースはそこまで多くないかもしれませんが、各駅の相場はどうなっているのでしょうか。調べるのが大変ということもあり、区間別に何回 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中に店舗を展開し、日本では3,000近いお店が存在するマクドナルド。当然のことながら小田急沿線にも多くの店舗があり、駅前に展開しているケースもみられます。ファーストフードの代表と表現しても言いすぎではないマクドナルドですが、小田急の駅周辺では何店舗が営業し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に営業運転を開始した小田急2000形。小田急2000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。2054Fの概要6編成が増備された3次車の先陣を切って、2000年の後半に登場した編成です。なかなか編成数が増えなかった2000形でしたが、2054F以降はあっと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両の決定版として登場しながら、僅かに72両の増備で終わってしまった小田急の2000形。ほぼ小田原線の各駅停車用という特性から、小田急の中では地味な車両となっています。リニューアルについては形式として飛ばされ、小改良をしつつ活躍を続けていますが、今後はど ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に営業運転を開始した小田急2000形。小田急2000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。2055Fの概要2000年度に増備された3次車に含まれる編成で、2600形から一部の機器を流用した2054Fとは異なり、完全な新造車となっています。編成に固有の特 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に営業運転を開始した小田急2000形。小田急2000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。2053Fの概要2000形では唯一の存在となる2次車で、2053Fの1本だけが増備されました。1次車の登場から3年ほどが経過していますが、この時点でも2000形は3本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形の増備がストップしつつも、保有車両数の削減により8000形の廃車が進められている小田急。2022年に行われたダイヤ変更で減便を行ったことで、運用数自体が減らされているため、余剰になった車両の廃車が進められています。ダイヤ変更で運用がかなり減らされた通勤型車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に営業運転を開始した小田急2000形。小田急2000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。2057Fの概要2000形としては大量増備のグループとなった3次車に含まれ、2000年度に竣功した編成です。続々と増備される2000形により、2600形の8両固定編成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントで客を集める呼び水として、以前は無料で行われることが多かった車両の撮影会。小田急ではファミリー鉄道展での車両展示が定番でしたが、コロナ禍をきっかけに状況は変化し、近年は有料での撮影会が中心となっています。本気で撮りたい人が集まるため、有料には有料 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ